ハッピーメールで自宅に招く

自分の自宅に招く方法

ハッピーメールでお気に入りの人や会ってみたい人を見つけたら、親密になりたいという想いから自宅へと招きたいという気持ちになるものです。
しかし、いきなりストレートに家に来ないかと誘っても断られる可能性が高いですし、下手をすれば、相手の警戒心を高めてしまいます。最悪な場合には、すっかり嫌われてしまって、サイト上でのやり取りでさえ出来なくなってしまうという事態を招きかねません。

 

あくまでも一日限りの暇つぶし相手としてとなら、いきなりストレートに誘うのもありですが、それで何の抵抗もなく自宅に上がってくれる女性は稀ですし、いたとしても良い出会いとは言い難い関係で終わってしまうものです。
自宅に招くような関係になるまでに親密になりたいのなら、焦らずに少しずつ段階を踏んで行くことを忘れないようにしましょう。

 

出会い系サイト上ではなく、元からリアルに知り合っている関係であったとしても、異性間となると親密でもないのにいきなり自宅に招かれるのは抵抗を感じてしまう女性は多いものです。
だから、出会い系サイトでまだ一度も会ったことのない相手となるとなおさら警戒心は強くなっているということは忘れないようにしましょう。
自宅に招くというのは小手先のテクニックだけでどうにかなるものではありません。
相手の警戒心が薄れない限りはどんなに誘っても難しいものなので、まずは安心感を与える工夫をこらすことに集中していくことが大切です。

 

相手に安心感を与えていくために、まずは自分がどんな人間なのかを積極的にアピールしていく必要があります。
趣味や仕事、興味のあること、その日にあった出来事など、内容自体は些細なことでも良いのであなたに関する情報を相手に伝えていきましょう。

 

そうすれば、相手の女性の中で、あなたがどういう人物なのかどんどん明確になっていきますし、良い人そうだという印象を根付かせることが出来れば、警戒心も少しずつ薄くなっていくというものです。
もちろん、自分だけがただただアピールすることに集中するのではなく、相手の話を上手く引き出して行くことも重要です。
女性というのは基本的に自分の話を聞いて欲しい人ばかりですから、あなたが聞き手にも徹して行けば、色々な話をしてくれますし、そのうちに深刻な相談を持ちかけられる可能性もあります。

 

誰にでも言うような話ではないことをあなたに伝えるということは、信頼の証でもあります。
相談されたから100パーセント信頼されたとは限りませんが、ここまでの段階まで来れば、少なくともあなたに対する警戒心が薄れてきているということはまず間違いありません。

 

相手の警戒心が薄れてきていると感じることが出来たなら、少しずつ誘うことから始めましょう。最初に述べたように、いきなり自宅に誘うのは禁物です。だからまずは気軽に誘いに乗れるようなデートのお誘いから始めることをお勧めします。

 

食事や映画館など、一般的なデートを連想させる言葉を会話の中に盛り込みましょう。ここで大切なポイントは、最初から具体的に日にちや場所を決めようとはしないことです。

 

デートしてみたいとか一緒に食事したら楽しいだろうななどといった言葉を投げかけることで、相手の女性にデートをイメージさせることが出来ます。好感触を得ることが出来たなら、そこから具体的にデートの話に持っていきましょう。
しかし、あくまでも自宅に招くことが最終的な目的です。デートの約束を取り付けたなら、デートが終わり、帰り際の段階かその少し前の段階で、ちょっと寄って行かない?など、軽い誘い文句で誘ってみて相手の反応を伺ってみましょう。

 

それで断られてしまったら、まだ警戒心が消えきっていないか、タイミングが合わなかったということなので、次のデートに賭けましょう。
他に、いきなり自宅に招くテクニックとして、相手が自宅を訪れやすい、または訪れたいと思うような口実を作るという方法があります。これも、あくまでも相手の警戒心が薄れた後でアクションを起こすべき方法になります。

 

自宅に来ないと出来ないことを会話に盛り込んでいくのです。例えば、映画のDVDを借りたから一緒に観たいとか、犬を飼っているから見に来て欲しいとか、手料理を振舞いたい、などが挙げられます。こういったことは自宅でしか出来ないことですし、相手も興味を持ちやすいです。特にペットや手料理に関しては、優しい人や家庭的な人などといった良い印象を植え付けることが出来るので効果的です。