ハッピーメールのおしゃべりする

おしゃべりするを活用する

ハッピーメールの基本はメールでのキッカケが中心です。
コンテンツの1位と2位は掲示板やプロフィール検索であることからもよく分かるデータとなっています。
しかし、男性の中にはメールでコミュニケーションするよりも、直接話すことで信頼関係を築く事が得意な女性も居ると思いまう。
そういった男性にオススメなのが、おしゃべりするです。
おしゃべりするとは、タイトルからも分かるように、直接女性と話すサービスです。

「おしゃべりする」は使えるのか?

サービス内容は理解していただいたとは思いますが、問題はこの「おしゃべりする」が出会いとして使えるかどうかです。
私は、「おしゃべりする」が開始された当時から利用しています。
そんな私の見解ですが、「開始当初は使えなかったが、現在では十分使える!!」です。
今と昔はどのように変化したのか説明すると、大きく分けて、会員の利用数とサービスの質の2つに大きな変化がありました。
会員数の数
サービスが始まった当初は「おしゃべりする」の存在を知らない会員が多かったのか、女性が待機している数が少なかったのです。
電話する相手は、どこでも良いわけではなく、勿論自分の家から近い女性を探す必要があります。
すると、自分の最寄の女性と繋がらないのです。
これでは、おしゃべりするの意味がありません。
それでも電話で話すのは、メールと違い楽しいので利用しましたが、、、。
サービスの向上
開始当初はボイスチャットで待機していた女性とのトークが中心でした。
しかし、最近は掲示板で書き込んだ(電話を許可した)女性とも繋がるようになっています。(転送して繋いでくれます)
つまり、掲示板の女性も電話する対象となるので、従来よりも多くの女性と話す事が可能となります。
また、女性電話した相手のプロフも分かるため、連絡先を聞き出すまで至らなかった女性にも、メールなどでアプローチが可能となりました。
敷居が若干高かった「おしゃべりする」ですが、シンプルな構造となりますます使いやすくなりました。

 

シンプル構造で初心者でも使いやすい機能に大変身

 

 

おしゃべりするの機能説明

掲示板を使ったおしゃべり機能
先ほど説明した、掲示板経由で電話する機能です。
個人的に最も使える機能だと思っています。
掲示板も女性の掲示板を見て、こちらから掛けるタイプと自らが投稿して女性からの電話を待つ2パターンとなります。
どちらも有効な方法ですが、投稿の場合いつ掛かってくるか不明なので、常に身構えていなければなりません。
フリートーク(全国)
簡単に説明すると全国の人と繋がる電話機能です。
個人的には不要な機能です。
東北の人や関西の人と繋がっても出会うのは難しいので、時間と料金の無駄と考えています。
しかし、全国に友達を作りたい人には有効です。
セクシートーク(全国)
ちょっとHな会話やテレセができるという事でやってみたのですが、私には向きませんでした。
女性があえぎ声を出したりしていましたが、個人的には実際に会いたいタイプなので不向きです。
もし、テレセが好きな人にはオススメかもしれません。
フリートーク(個別地域)
自分の最寄の子と繋がります。

全国とのフリートークを使うくらいならば、こちらを推奨!!
おしゃべりするのデメリット
相変わらず料金は高めです。
12秒で3Pを安く捉えるか高く捉えるかで、評価の基準が別れる所。
12秒で3ポイントというと、12(秒)×5(回分)=60(秒)ということになります。
つまり、1分あたりにかかるポイントは、5(回分)×3(ポイント)で、15ポイントです。
このサービスで女性と一時間会話すると、15(ポイント)×60(分)=900ポイント
ととなります。
ポイントを金額に換算すると、9000円です。
普通に使用して言いるとどんどんポイントが消費していきます。
ポイントを抑えるには?
脈がなければ早急に諦めて、脈があれば直電に切り替えたりすることが求められます。
中には、直電を嫌がる女性もしますし、上手く誘導できない場合もあるので思うようにいかない場合もあります。
この辺は何度も使ってみて要領を掴む必要があります。